スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    酵素栄養学って…

    2011.11.08 07:51|感じたこと
    前回のつづきです。

    ビ〇ラ〇ズ主催の『酵素栄養学』についてのセミナーに誘われ

    そしてそれを断って

    『酵素栄養学』っていったいなに

    とネットでいろんなページを検索してみました。

    イメージとしては

    「ローフードは酵素の働きを重要視して食べ物を生で食べるのを勧めてるんだから
     
     “酵素”って熱に弱くて、からだにすごくよくって、それについて立派な研究が

      されているんだろう」

     と思っていました。

     が! 

     思っていたのとは正反対のことを述べたページが見つかったのです。

    http://yoshibero.at.webry.info/200705/article_7.html

     ブログの執筆者は芦田 嘉之さんという広島大学の理学部化学科の(おそらく)教授のようです。
     
     (検索した結果)

     そのひとが言うには

     「生きた酵素」とか 「食べ物の酵素を摂取すると身体のなかで消化酵素として働く」とか

     そういう考え自体、『分子生物学』という分野の学問に照らし合わせてみると

     まったくもって説明のつかない
     
     『おかしな』考えかただということです。

     
    でもでも~ 酵素栄養学について語っているひとのなかには

    ちまたでも大ベストセラーの『病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-』を書いた新谷弘実医師、というひともいるし、酵素栄養学自体が『おかしな』考え方だなんて…

     でも芦田 嘉之さんは、『病気にならない生き方』の内容の疑問点についてもさっきのブログで述べています。


    ここまで来て、私は気が付きました。

    私って、すべてを鵜呑みにしすぎてきたんじゃないか!!??

    インターネットで検索上位に出てきたからって

    本に書いてあるからって

    ローフードを専門的に扱う団体があるからって

    だからってすべてが正しいってわけじゃない…

    その情報を客観的に見て、冷静に判断して自分に取り入れる、っていう

    そんな姿勢に欠けている自分が見えてきました。

    今回のビ〇ラ〇ズ主催のセミナーへのお誘いがきっかけとなって

    ほんとに大事なことに気づくことができました。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント:

    非公開コメント

    04 | 2017/05 | 06
    -
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    yuka

    Author:yuka
    名古屋市在住のわたしですが、近い将来、豊田市の中山間地域(旧 旭地区)にUターンすることになりそうです。

    Uターンに向け、最近は北欧インテリア、雑貨に夢中な日々。

    北欧スタイルのあたたかみある我が家に住む妄想を日々ふくらませています(笑)

    ベジタリアン料理、ハンドメイドのことなど気ままに書いています。

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    ライフ
    11054位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    生活デザイン
    1066位
    アクセスランキングを見る>>

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    favorite

    ていねいな暮らしを楽しむ雑誌『天然生活』
    ていねいな暮らしを楽しむ雑誌
    『天然生活』


    おしゃれな食べ物の写真がいっぱい! わたしの写真も見つけてね☆

    訪問ありがとうございます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。