スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『象の背中にのってみれば』に共感する2つのこと①

    2012.09.06 10:48|感じたこと
    川上未映子さんのエッセイ集

    『世界クッキー』



    の中に

    「象の背中にのってみれば」という文章がありました。

    川上さんが2007年の夏、タイのサムイ島で4000円を払い

    「象パーク」的なところで、象使いがひとりついた象にのって

    ひと山こえるという体験をしたそうです。

    象使いと象は信頼しあっているようにも見えるけど、方向を決めるときに

    象使いが象の耳をひどく打って、血が出ていたりすることに胸をいためた未映子さん。

    (以下は本文からの抜粋です)

    『面白半分でお金を払って象にのりたいわたしのようなのがいるからこれらは成立していて
     
     そこで働く人々の生活も成り立っているのだけど、しかしそもそもそんなこと象自身にはまったく

     関係がない。ああ。例えば今日、従順なこれらの象が革命を起したたき落とされても仕方ない、

     などと思い出作りのはずが重い気分になってきて、晴れた空もグレーに映るのだった。

     日本にかえってたまにテレビをつけたり道をあるけば、この種類の複雑な気持ちになるようなことは

     そこらじゅうにあって、しかし自分もそれを構成する一部なのだから複雑はいや増すばかり。

     そして日常の大半はそんなこと、すっかり忘れてしまっているということが、わたしのなかのその複雑を

     さらに鈍いものにさせてゆく。』



     

     これってどうなんだろ?と思うことがあっても、自分もそれを構成する一部だから複雑は増すばかり…

     そうなんですよね。

     最近、2つ思うことがあったので、ひとりごとですが紹介したいと思います。

     【次回につづく】

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
    にほんブログ村


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:本の紹介
    ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント:

    非公開コメント

    03 | 2017/04 | 05
    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    yuka

    Author:yuka
    名古屋市在住のわたしですが、近い将来、豊田市の中山間地域(旧 旭地区)にUターンすることになりそうです。

    Uターンに向け、最近は北欧インテリア、雑貨に夢中な日々。

    北欧スタイルのあたたかみある我が家に住む妄想を日々ふくらませています(笑)

    ベジタリアン料理、ハンドメイドのことなど気ままに書いています。

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    ライフ
    9616位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    生活デザイン
    926位
    アクセスランキングを見る>>

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    favorite

    ていねいな暮らしを楽しむ雑誌『天然生活』
    ていねいな暮らしを楽しむ雑誌
    『天然生活』


    おしゃれな食べ物の写真がいっぱい! わたしの写真も見つけてね☆

    訪問ありがとうございます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。