--.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2012.09.07 10:49|未分類
    夏休み、牧場へ行きました。

    そこで食べたソフトクリーム。とっても濃厚でスゴク美味しい

    思いながらペロペロなめていたところ

    販売所の壁に貼ってある

    『牧場の牛の一生』(正確なタイトルではないですが)が

    目にとまりました。

    そのなかに

    『廃牛』という耳慣れない単語が。

    牛乳を出す、という役目を終えた乳牛は

    本来の寿命12年くらいのところ、5,6年で

    食肉などへ回されるということです。

    それを見ると、手に持っている甘くてとっても美味しいソフトクリームが

    美味しさ半減。

    『廃牛かぁ・・・人間のために牛が早く処分されるなんて何だか悲しい』という気持ちにはなったものの。

    ソフトクリームは、確かに美味しい。チーズもバターも美味しい。

    そして、普段もわたし、スーパーで牛乳買ってんじゃん。

    酪農で生計たてている方々が、日本にどれだけいることか

    まさに

    『しかし自分もそれを構成する一部なのだから複雑はいや増すばかり。』状態です。

    そんなことを考えながら数日を過ごしていると

    8月18日付日経新聞の夕刊に

    中洞 正さんという方の『本物の牛乳、思い出して』という

    インタビュー記事が目にとまりました。

    なんでも『山地酪農』という放置林などの山林を酪農の場として活用する方法を

    実践しているということです。

    実際の記事が、株式会社山地酪農研究所のサイトから見ることができました。

    ぜひ、見てみてください。↓

    http://t21.nikkei.co.jp/g3/CMNG011.do?r=y0Xyr57601&ls=30022522-1

    本文のなかの

    「日本人にとって牛乳は基本的にぜいたく品であったり、滋養食品というレベルでいいのでは。
     
     そんなにガバガバ飲む必要はない。」

    「牛はミルク製造機ではない。牛乳は牛のお母さんが出す母乳。一番の原点は、簡単なことばで言えば
      
     牛が幸せかどうかです。」

    この2つのフレーズが印象的です。


    『構成の一部』である私が、いきなりスーパーの牛乳を買うのをやめることはできないけれど

     山林も再生されて、しかも牛も幸せになれるこの山地酪農のような

     あたらしい方法、に注目していくことが大事なんではないのか、と思ったのです。

     株式会社山地酪農研究所のHPはこちらです↓
     
     http://yamachi-rakunou.jp/

     次回は、ダウン症の検査について思うこと。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
    にほんブログ村

     
    スポンサーサイト
    2012.07.07 12:38|未分類


    ちょっとうれしいことが

    雑誌 PLUS 1 LIVING に載ったよ

    表紙のひとが私…

    っていうのは、冗談(笑)

    うちのダンナさんによると、表紙の女性が私に

    「うりふたつ」 だそうです。


    さて、ほんとうはというと

    P7070452_convert_20120707122702.jpg

    雑誌のうしろの方

    "From Readers" という

    「読者からのお便り」みたいなページに掲載されました

    ただ、掲載していただいた写真は、すでにマリメッコのティータオルで

    模様替えしてしまったのですが(過去の記事はこちらをクリックしてね

    そんなに大したことない内容ですが

    この記事が、ちらっとでも多くの方の目にとまるかと思うと

    なんだかすご~く光栄なキモチ

    書いてあるとおり、この号からPLUS 1 LIVING の定期購読をすることにしたので

    インテリア研究、楽しみながらやっていきたいと思います

    にほんブログ村 インテリアブログへ
    にほんブログ村

    テーマ:北欧インテリア・雑貨
    ジャンル:ライフ

    2012.07.04 16:00|未分類
    BEFORE です。

    オランダのアンティークファブリックで手作りしたカーテン。
    ちょっとあかぬけません。

    P5210263_convert_20120521144729.jpg


    AFTER です。

    P7020442_convert_20120704153226.jpg

    マリメッコのティータオルが、セールで50%OFFだったので、買ってしまいました

    こちらのお店です。→CDS-R

    (私がティータオルを買ったセールはもう終わっているため、下の画像からは別のお店に飛びます)



    ティータオルは本当は「ふきん」として使うものらしいですが

    うちの小窓に大きさがぴったりだったので

    カーテンにしました。


    カーテンを付け替えたとたん、魔法にかかったかのように

    お部屋がパッと明るくなりました。

    マリメッコって、いい

    こちらの本で、勉強中です。





    にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
    にほんブログ村

    テーマ:北欧インテリア・雑貨
    ジャンル:ライフ

    2012.05.31 14:56|未分類
    いま一番気になっているモノを紹介します。

    この雑誌に載っていて一目ボレしたマグカップです。

    HASAMIという長崎県の波佐見焼から生まれたブランドだそうです。

    CasaBRUTUS特別編集 COFFEE BOOK (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

    HASAMIという長崎県の波佐見焼から生まれたブランドだそうです。

    “和”なんだけど“洋”にも思えるたたずまい。

    カラーバリエーションが豊富。


    こちらの大きいマグは300CC くらい入るというグビグビ飲めちゃいそうなマグ。


    小さいほうのマグもすてき。


    プレートもある。


    そしてなんといっても主婦目線で嬉しいところは、すべてスタッキングできるということ




    いつか欲しいな、欲しいな、と思いながらその時がくるのを待っています…

    にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 インテリアブログへ
    にほんブログ村
    2012.01.01 09:00|未分類
    無題

    わたしを周りで支えてくれる大切なひとたち、

    そして偶然にもこのブログを見ていただけることになったすべての方に感謝して

    今年も、さらに楽しい毎日になるように、日々精進したいと思います


    さて、新年ということでプロフィールの画像を変えました。

    似てる

    このイラストは、私のダンナさまがペイントで書いてくれました

    今年は、いつもニコニコ笑っていられますように…
    04 | 2017/05 | 06
    -
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    yuka

    Author:yuka
    名古屋市在住のわたしですが、近い将来、豊田市の中山間地域(旧 旭地区)にUターンすることになりそうです。

    Uターンに向け、最近は北欧インテリア、雑貨に夢中な日々。

    北欧スタイルのあたたかみある我が家に住む妄想を日々ふくらませています(笑)

    ベジタリアン料理、ハンドメイドのことなど気ままに書いています。

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    ライフ
    11054位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    生活デザイン
    1066位
    アクセスランキングを見る>>

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    favorite

    ていねいな暮らしを楽しむ雑誌『天然生活』
    ていねいな暮らしを楽しむ雑誌
    『天然生活』


    おしゃれな食べ物の写真がいっぱい! わたしの写真も見つけてね☆

    訪問ありがとうございます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。